2018.06.21

【VOL.35】夏直前の梅雨の時期はフィットネスジムで
ボディラインを引き締める最後のチャンス!

もうすぐ夏本番。肌の露出が増え、薄手の服を着る季節がやってきます。梅雨の時期になると、毎年のように「夏に向け、たるんだボディラインをなんとかしたい」と思うもの。でも実際は、雨が多くてモチベーションが上がらず、結局諦めるというパターンにはまってしまう人が多いのでは?

でもまだ諦めることはありません! 実は雨の多いこの時期は、ジムでフィットネスに取り組むのにぴったりの季節なんです!

今回はこの時期にフィットネスが向いている理由や取り組むべき運動の種類、そして初心者向けのフィットネスアイテムを紹介します。今年こそ、夏の直前にフィットネスに取り組んで、引き締まった体で夏を楽しみましょう!

梅雨の時期のフィットネスジムでは自分のペースでトレーニングができる!

一般的に、フィットネスジムが混み合うのは、仕事終わりに訪れる方の多い平日の夕方〜夜にかけて。ジムによってはトレーニングマシンが予約で埋まっていたり、「混んでいるときにはマシンは○分で交代」と決まりがあったり、自分のペースでフィットネスに取り組みにくいことも。でも、雨が降ると訪れる人が少なくなるので、マシンを自由に使えるのです。その結果、例えば自分なりのフィットネスの目的に合わせて「筋力トレーニングの1セットごとのインターバルは○分」などの設定を守りながら、効果的なフィットネスができます。

夏直前のこの時期は脂肪燃焼をするための有酸素運動を中心に

聞いたことがある人も多いと思いますが、運動には大きく分けて、無酸素運動と有酸素運動という2つの種類があります。無酸素運動は短距離走や筋力トレーニングなどが当てはまり、主に筋肉を鍛える運動のこと。一方の有酸素運動とは、水泳やジョギングなどが当てはまり、脂肪を燃焼させる運動です。

健康のためには両方の運動をバランスよく取り入れることが大切ですが、夏直前のこの時期に重視したいのは有酸素運動。というのも、無酸素運動をして「筋肉が大きくなった」と実感するには3ヶ月以上が必要と言われるのに対し、有酸素運動は運動の内容にもよりますが、1週間〜10日程度で効果が実感できるといわれています。この時期から夏に向けて、筋肉を大幅に増やすのは難しいかもしれませんが、「脂肪を減らしてボディラインをスッキリさせる」のは、まだまだ間に合います!

ウェアにシューズに水着…初心者に必須のフィットネスアイテム

トレーニングに欠かせないフィットネスアイテム

  • □フィットネスウェア

動きやすく、汗をかいても大丈夫なものであれば何でもOK。Tシャツにハーフパンツという服装の人が多いようです。大量の汗をかくので、吸収速乾性に優れたものがおすすめです。また、下着なども汗で濡れるので、替えの下着や靴下も用意しましょう。

  • □タオル

首にかけて運動ができる細長いスポーツタオルが◎。トレーニング後にシャワーを浴びる方は、体を拭くタオルも必要です。

  • □シューズ

初心者はランニングシューズがおすすめ。貸し出しを行っているジムもありますが、怪我防止のために自分の足に合ったもの用意したほうがいいでしょう。

  • □スポーツドリンク(またはドリンクボトル)

フィットネスジムにはドリンクサーバーがあることも多いので、スポーツドリンクはジムで入手できますが、ドリンクボトルや水筒は用意してください。

  • □ミニバック

タオルやドリンク、ロッカーの鍵など、トレーニング中に携帯したいアイテムをまとめる小さなバックは、あるととっても便利。

  • □シャンプーやリンス、石鹸

アメニティがないジムもあるので、もっていたほうが安心です。

プールを利用する方コレも!

  • □水着

基本的にはどんなものでも構いませんが、男女とも競泳用の水着を着用している人がほとんど。フィットネスでプールに行く際はシンプルなものを用意しましょう。

  • □キャップ

ほとんどのフィットネスプールで、着用が義務付けられている必須アイテム。中にはレンタルできるフィットネスジムもあります。

  • □ゴーグル

水中で視覚を確保するだけでなく、眼病予防の役割もあるので、初心者でもゴーグルは用意ししてください。

  • □大きめのタオル

フィットネス中に使うタオルとシャワー後のタオルの他に、プールを利用する方は水泳後に体を拭くタオルをもう1枚持っていきましょう。

夏に向け、短期間でマッチョな体型になるのは大変ですが、「ボディラインをちょっと引き締める」くらいであれば、フィットネスジムに通えば意外と簡単! 今年の夏こそ、引き締まった体で夏を思いっきり楽しみましょう!

ご契約者の方にはお役立ち情報満載の会報誌もお届け!