【人生100年時代コラムVOL.76】いろいろな特典を解説

映画館の「会員サービス」でもっと得しよう!

2020/3/26

映画館の「会員サービス」でもっと得しよう!

映画館では、リピーター向けの会員サービスを実施している劇場が数多くあります。会員になるのは有料ですが、映画を6回見ると無料鑑賞が1回つくなど、映画をよく見る人にはお得になるようになっています。シニア割引、夫婦50割引を利用しながら会員特典を受ければさらにお得!

  • シネコンの会員サービスにはどんなものがある?

    全国に展開する主なシネコンチェーンは6つあり、スクリーン数が多い順にイオンシネマ、TOHOシネマズ、ユナイテッド・シネマ、松竹マルチプレックスシアターズのMOVIX、T・ジョイ、109シネマズと続きます。T・ジョイを除く5つのシネコンでは、ポイント無料鑑賞や会員割引デーなどの有料会員サービスを行っています。まずはメインとなる会員特典からご紹介します。

    シネコンの会員サービスにはどんなものがある?

    ポイント無料鑑賞サービス

    1回の有料鑑賞をするたび1ポイントが付き、6ポイントで1回分の無料鑑賞と交換できます(MOVIX系のみ1回10ポイントとしてカウントし、60ポイントで無料鑑賞クーポンと交換)。

    会員割引デー

    会員のみ割引料金で鑑賞できる日です(他の割引料金との併用は不可)。TOHOシネマズ、ユナイテッド・シネマ、109シネマズが実施していますが、シニア割引や夫婦50割引などの方が安い場合もありますので、よりお得な方を選択しましょう。

    各種割引クーポンの発行

    映画鑑賞が1,000〜1,300円になる割引クーポンの発行。主に会員割引デーのないシネコンが実施しています。ただしシニア割引や夫婦50割引が使える方は、そちらの方が安い場合もあります。

    チケットのインターネット購入

    その都度個人情報を入力せずとも、会員番号の入力で購入手続きが簡単になります。また、一般よりも早く申し込みができる場合があります。

  • 会員料金と、入会(更新)特典は?

    会員料金と、入会時・更新時の特典

    表のように、5つのシネコンのうち3社は、初年度と1年ごとに更新料金がかかります。2年間利用した場合で考えると、イオンシネマとTOHOシネマズは同料金の800円、ユナイテッド・シネマは1,000円になり、109シネマズは更新料金なしの入会金1,000円なので、この4シネコンは、だいたい同金額で並びます。MOVIXはカード発行費100円のみなので、かなりお得な感じがします。

    3年以上利用する場合は、MOVIXと109シネマズは更新料金が不要なので割安です。更新料が一番高いユナイテッド・シネマですが、更新の都度、特典として100円×5枚分の売店クーポンか1,000円鑑賞クーポンが付くので、むしろお得感があるかもしれません。

  • ポイントの有効期限は?

    ポイントの有効期限と無料鑑賞の利用期限

    会員サービスで貯まったポイントは無料鑑賞に利用できます。ポイントの有効期限は、一番長いのがユナイテッド・シネマで、会員であればずっと有効です。TOHOシネマズは、そのポイントが加算された日から2年間有効。それ以外の3つのシネコンでは最後にポイントが加算された日から6か月(MOVIX、109シネマズ)または1年(イオンシネマ)が有効期限になるので、ポイントが期限切れになりそうになっても、有料鑑賞をして新たなポイントを得れば、その日からまた有効期限は延長になります。

    もし、映画観賞の際、カードを出し忘れてポイント加算を忘れても、たいていのシネコンは、当日中であればチケットの半券を窓口に出せば、後からでもポイントを加算してくれます。また映画鑑賞後に会員になる場合も、当日中なら半券の提示でその映画のポイントも付けてくれます。

  • 他にもある、シネコン独自の会員特典

    会員割引デーの有無とその他の特典

    「会員割引デー」は、TOHOシネマズ、ユナイテッド・シネマ、109シネマズの3社が実施しています。割引料金で鑑賞ができ、中でもお得なのはユナイテッド・シネマの1,100円です(シニア割引や夫婦50割引の方が安い場合もあります)。

    会員割引デーがないシネコンは割引クーポンが発行されます。こちらは曜日に関係ないので便利かもしれません。特筆すべきは109シネマズで、同一会計なら同伴者(非会員)も同じ特典を受けることができます。

    各シネコン独自の特典はかなり細かいので、詳しくは各社のホームページで確認するのがいいでしょう。筆者が気になったものを以下に挙げてみます。

    イオンシネマ

    毎月1回、1,200円で鑑賞できるクーポンを発行。年齢的にシニア割や夫婦割が利用できない方が、割引デー以外に鑑賞するときなどに価値があります。

    TOHOシネマズ

    上映時間に応じてマイルが貯まるシネマイレージが人気。1,000マイル貯まると、ポップコーンSサイズかドリンクに交換可能です。120分の映画なら120マイルなので、8本以上観ればという計算になります。長い映画ほどお得ですが、有効期限は翌年の12月31日まで。

    会員割引デーの有無とその他の特典

    ユナイテッド・シネマ

    2ポイントで1,000円鑑賞クーポンに交換可能。また会員証を提示すると、いつでも大人300円割引(通常1,800円→1,500円)になります。

    MOVIX

    映画を有料鑑賞すると、次回鑑賞割引クーポン(1,200円または1,300円、60日有効)がその都度発行されます。つまりその間なら、わざわざ割引デーに行かなくてもいいということになります(土・日の使用可)。さらに「お誕生日クーポン」として1,000円鑑賞クーポンを誕生日当日に発行。

    109シネマズ

    原則、同一会計であれば同伴者も同じ特典を受けられます。また、エグゼクティブシート2,700円が通常シート料金(大人1,800円か1,900円)で鑑賞可能です。これも同会計なら同伴者7名までが特典を受けられ、同一購入分の同伴者のポイントもゲットできます。子ども連れでエグゼクティブシートを利用する方にはおすすめです。

    他にもある、シネコン独自の会員特典

    筆者がよく利用するのは、近くにあるイオンシネマとTOHOシネマズです。同じエリアにあるのですが、一つに絞っていないのは、上映する映画が異なることや、上映時間、割引サービスに違いがあるからです。

    例えばTOHOシネマズでは、筆者はまだシニア割引を使えないのですが、イオンシネマでは「ハッピー55」が使えるので、一人で行く場合はイオンシネマに行きます。ところが「夫婦50割」を利用する場合は100円しか違わない上、シネマイレージも貯まるので、TOHOシネマズに行くことが多くなります。

    もし、子ども連れの家族でファミリー映画を見に行くなら、少し遠くてもお得な109シネマズを利用するかもしれません。

    このように映画を観に行くときに、一人か、カップルか、小さな子どもたちと行くのかでも各シネコンの会員サービスのお得度は異なります。どちらにせよ、同じ映画館に半年に1回以上行くなら、会員サービスを利用する方がお得でしょう。

    ※この記事は2020年2月の執筆時の情報によるものです。また各種料金は特別興行や一部劇場には適用されません。最新情報に関しては、各劇場のウエブサイトでご確認ください。

まえはら・としゆき

前原利行(まえはら・としゆき)
フリーライター&エディター。海外文化・旅行・映画・音楽などをテーマにした記事のライティングを中心に活動している。訪れた国は90か国以上。音楽や映画、アートに絡めるなど、テーマがある旅が好き。国内では、映画と音楽、そしてお酒は毎日欠かせない。

コンテンツ提供:ハルメク

シェアしよう!