三菱一号館美術館

「近代美術中心の展覧会を開催する丸の内の美術館」

2010年春、東京・丸の内に開館。
JR東京駅徒歩5分。
19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を年3回開催。

赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの。
コレクションは、建物と同時代の19世紀末西洋美術を中心に、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、オディロン・ルドン、フェリックス・ヴァロットン作品などを収蔵。

美術館として新たに出発する「三菱一号館美術館」は、近代東京の基点である丸の内の歴史と至便性に富んだ立地を踏まえ、19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を年3回開催いたします。

館内には、ミュージアムカフェ「Cafe1894」、ミュージアムショップ「Store1894」、丸の内の歴史体感スペース「歴史資料室」を併設。
館長は高橋明也。運営は三菱地所(株)

お問合せ先電話番号:03-5777-8600

URL: サービス提供企業サイトはこちら

特典・ご利用可能店舗

クーポンで三菱一号館美術館当日入館料200円OFF

特典

三菱一号館美術館【当日入館料】 200円OFF

プラン公開期間:2022年03月31日まで